2013年10月21日月曜日

交通安全宣言と例文

スポンサードリンク

交通安全宣言については、心のこもらない単なるスローガンであってはいけないと思います。心のこもった宣言こそ、交通安全宣言の良き例文だと思います。それでは、どういう心がこもった宣言であるべきか。

それは、自らの心の痛みから発し、他者への思いやりへと発信されるべきものでありましょう。

やはり、交通事故経験者ないしは、身近に、身内に交通事故で悲惨な思いをされた方のある人たちの思いには、実に重さがあります。

もうこれ以上悲しむ家族の方々の顔を見るのは嫌だ!そのために、人にやさしく、そして車にもやさしく、譲り合いの気持ちを大切にしたい。もう、こういった内容自体が立派な交通安全宣言ですし、交通安全宣言の良き例文です。

譲り合いの気持ちはどこから生まれるのか。それは、おもいやりの心から発します。誰にでも「思いやりの心」はありますが、自身の生活に追われてつい忘れがちになることも。

交通安全宣言の発表の時期などに、今一度、思いやりの心を持つように致しましょう。

交通安全宣言

の安全宣言の例

水谷工業株式会社では、工事部・営業部・総務部などそれぞれに、個々人が、安全平成25年度の安全宣言をサイト上で発表しています。

水谷工業株式会社スタッフの安全宣言

0 件のコメント:

コメントを投稿